ほくろはシミと違う

看護師

ほくろとシミはどんな違いがあるか知っていますか?シミもほくろもメラニン色素によるものですが、シミはメラニン色素がそのまま沈着してしてしまったものです。似ていますが、ほくろはそのメラニンが皮膚の一部に集中しているものをいうのです。そしてほくろには単純黒子と呼ばれるものと色素性母斑と呼ばれるものがあります。メラニンを作る母斑細胞という細胞が増殖することによって盛り上がってっくる門が色素性母斑で、メラニンが集中しているだけのものが単純黒子です。また、ほくろの深さで種類があり、浅い部分に母斑細胞が増えてできるものは境界型と呼ばれ、真皮の奥までできたものは複合型と呼ばれます。また、真皮のなかのみに母斑細胞ができるものは真皮内型といいます。ほくろの深さによってもほくろは違いがあって、皮膚の上にある黒い点だと思っていたほくろが意外と奥深いものだと気付かされますね。この他にも、赤いほくろもあります。加齢によってできる老人性血管腫で、ほくろの仲間です。また、色が濃く、青みがかったほくろは青色母斑です。ほくろと一口に言っても様々な種類があるのですね。ほくろには生まれつきあるものとそうでないものがあることにお気づきですか?今までほくろがなかったところに急にできることがありますよね。思春期以降にできることが多いのが特徴です。ほくろの原因は紫外線と言われています。先天性のものは紫外線に当たっていないのにどうしてできるのかというと、先天性のものは遺伝が原因でできるもののようで、紫外線が原因ではないのです。また、紫外線が原因とはいえ、紫外線を浴びたからといって、すぐにほくろになるわけではありません。紫外線を浴びることにより、メラニンがつくられすぎて、シミになったり、ほくろになったりします。また、外部刺激により、ほくろの原因になることがあります。同じ部分に継続して刺激が加わる場合やこすり過ぎには注意しましょう。ほくろはストレスやホルモンバランスの乱れでもできる事があります。特に女性はホルモンの変化によって体調が左右されやすくこの変化により、ほくろができることもあるようです。もしほくろが増えてしまって除去したいと考えているならほくろ除去を専門家に依頼しましょう。